妊娠中のアロマテラピーでベビーとともに最高のリラクゼーションタイムを♪

妊娠中のココロは不安定になりやすいもの

妊娠中は新たにベビーを迎える喜びに心がワクワクする半面、ちゃんとママになれるかな?と不安になる方も多いのではと思います。妊娠中は比較的時間があるので色々考えすぎてしまって頭も心も疲れてしまうことも。そんなときはぜひアロマテラピーでお腹のベビーとリラクゼーションタイムを楽しみませんか?今回は妊娠中でも使えるアロマオイル、NGアロマオイルをご紹介します。

アロマ

妊娠中に使えるアロマオイル

妊娠中に使えるアロマオイルはそんなに多くありません。使用には十分ご注意をお願いします。特に妊娠初期はベビーへの影響も大きいため肌にオイルが触れるアロマバスやアロママッサージはやめて、香りを楽しむ芳香浴やアロマピローのみにとどめておきましょう。

【妊娠中にオススメのアロマオイル】

●レモン…果物で良く知られている通り、フレッシュで元気の出る柑橘系の香りです。気分が落ち込んだ時、リフレッシュしたいときなどにぴったりです。リンパの流れを良くする作用もあるので、むくみが気になる方にも。
●ティーツリー…その名の通り樹木系でウッディーな香りですが、ほのかに甘さもあります。心の不安を取り除き前向きにしてくれる働きがあるので、妊娠中の不安を抱える方にオススメです。
●ネロリ…あまり馴染みが無いかもしれませんが、フローラル系で少し苦味もある大人っぽい香りです。神経系のバランスをとるのにうってつけのオイルで、高揚感や動悸があるときには落ち着かせ、逆に憂うつな気分や不安を取り除いてくれます。安眠効果もあるので、睡眠前に使いたいオイルですね。
●ローズウッド…甘く優しい香りで、リラクゼーションを促してくれます。疲労回復効果や鎮痛作用があるので、妊娠中期の腰痛や疲れたときなどにぜひ使いたいオイルです。※似たものにローズやローズマリーがありますが、これらは通経作用がありますので間違って使わないようにしてくださいね!

他にもまだまだありますが、特に柑橘系のアロマオイルはオススメです。ただし、柑橘系のアロマオイルには光毒性がありますので、香りを楽しむ以外で使用するときには太陽光に当たらないなど、十分注意が必要です。

妊娠中にNGなアロマオイル

月経を促す通経作用や、ホルモンに強く作用するアロマオイルは使用しないようにしてください。特に注意が必要なアロマオイルをまとめておきました。妊活中からアロマを楽しんでいた方はうっかりそのまま使い続けていた、なんてことにならないようにNGオイルをしっかりと覚えておきましょう。

ラベンダー

●シナモン…保温効果があるので妊活中に使う方がいらっしゃいますが、とても強い香りなので妊娠中は避けた方がいいでしょう。
●ラベンダー…安眠効果があり多くの人に好まれる香りですが、効能が多岐に渡るので避けた方がいいとされています。通経作用もありますので、出来るだけ使わないようにしましょう。
●ジャスミン…こちらは妊娠中も出産後も少しの間は避けてください。強い通経作用があるので、出産をスムーズにしたいときにドクターが使用するほどです。出産後の回復途中にある子宮にも作用してしまいますので使用はやめてください。
●クラリセージ…シナモン同様、保温効果があるので妊活中に使う方がいますが、女性ホルモンに似た働きをして通経作用もあるので、妊娠中は避けてください。

その他にも、カモミール系、ペパーミント、ローズ、ローズマリー、マージョラム、サイプレス、ゼラニウム、セージ、ミルラ、イランイラン、シダーウッド、レモングラス、ヤロウ、フェンネル、ヒソップ…これらのアロマオイルには通経作用やホルモン様作用、子宮収縮作用があります。基本的に知らない名前のアロマオイルは安易にトライせず、まずはショップの店員さんなどに尋ねてみることをオススメします。

妊娠中のアロマテラピー

妊娠でも使えるアロマオイルをご紹介しました。妊娠中でも安全なアロマオイルで、ベビーと一緒にリラクゼーションタイムを楽しんでよりよいマタニティライフを送ってくださいね♪

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.