妊娠超初期症状に起こる腹痛について

本人も妊娠を気づかない妊娠超初期と呼ばれる時期に腹痛を感じる人もいます。妊娠超初期に腹痛は一体どのようなもので、腹痛が起きるのはなぜなのでしょうか?今回は、妊娠超初期症状の一つである腹痛について紹介します。

腹痛い

妊娠超初期にお腹が痛む原因は?

妊娠超初期は、一般に最終生理の第1日から4週間を指しており、妊娠をしていれば妊娠1カ月目を言います。この時期では、本人も妊娠に気付いていないことが多く、妊娠による症状が現れても見逃してしまいがちです。妊娠超初期症状と言われる時期の症状の一つに「腹痛」があります。妊娠超初期の腹痛の原因と痛みの種類について挙げていきます。

受精卵の着床によるもの

精子と卵子が卵管で出会って受精卵となったとき、受精卵は子宮へ向かっていきます。受精卵は受精後1週間程すると、子宮にたどりつき、受精卵に生えた絨毛を伸ばし、子宮内膜に根を張って胎盤を形成していきます。受精卵は子宮内膜にもぐりこむ際に、細胞を溶かし(着床)、このときに少量の出血が生じることがあります(着床出血)。着床出血は、妊娠超初期でもある妊娠3週目あたりに少量のピンクや茶色の出血があることがあります。女性の中には、この時期にチクッとした痛みを感じる人もいます。一方で、専門家の中では、着床時に痛みを感じることはないと指摘する人もいるそうです。

子宮で胎盤が形成される

受精卵が子宮内膜に着床すると、絨毛を伸ばし胎盤を形成していきます。子宮自体は胎児や胎盤が大きくなるにつれ、急に大きくなるわけではなく、徐々に大きくなっていきます。この時期には下腹部の違和感や、鈍痛を感じる女性もいるようです。

便秘や下痢になることがある

妊娠をすると、女性ホルモンの分泌が増加します。女性ホルモンのなかに、黄体ホルモンである「プロゲステロン」があり、妊娠を維持する作用があります。また、プロゲステロンには、胃腸などの消化管の働きを抑える作用もあり、人によっては妊娠すると、下痢や便秘になりやすくなることも。下痢や便秘による腹痛は大腸で起こるものですが、妊娠超初期症状による痛みとして挙げられるものです。

お腹痛い

生理痛のような痛みとはどう違う?

妊娠超初期の腹痛の痛み方には個人差があり、チクッと刺すような痛みから、重い感じがする人までさまざま。一方で生理痛では、下腹部が重く感じるような鈍痛タイプが多くなります。

生理痛がするメカニズムは?

生理痛は、生理に伴い起こる痛みで、多くの女性が経験しているのではないでしょうか。生理は、排卵後から生理にかけて、受精卵の着床に備えて厚くなった子宮内膜が、不要になって体外に排出されることで起こります。このとき体内では、「プロスタグラジン」と呼ばれるホルモンが分泌されて、子宮の収縮を促すため、お腹の下腹部を中心に生理前から生理前半にかけて痛みを感じる人が多くなります。

異常な腹痛は注意!流産の可能性も

妊娠超初期の腹痛で注意したいのが、異常な腹痛です。安定期に入る妊娠12週までの受精卵は、10~15%の確率で自然流産すると言われています。自然流産は、受精卵の染色体異常や、母体の強いストレスなどが要因です。自然流産による腹痛の場合は、痛みが比較的強くなり、出血、冷や汗や吐き気などの症状を伴う場合があります。このような症状があった場合には、早めに専門医へ受診するようにしてください。

妊娠超初期症状に起こる腹痛には

妊娠超初期と呼ばれる時期には、本人が妊娠に気づかないうちから腹痛が起こることがあります。腹痛の種類は、個人によって感じ方がさまざまであり、原因もいくつか考えられます。時期的にも生理前の症状と間違ってしまうこともあるので、妊娠を望んでいる方は、その他の兆候と合わせて、腹痛が妊娠によるものなのかどうか判断していきたいですね。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.