妊娠中になりやすい病気〜カンジダ膣炎〜

妊娠するとこれからお腹の中で赤ちゃんを育てていくためにホルモンなどに変化が起こり、それが症状としてでてくることも多く、戸惑うお母さんたちも多いのではないでしょうか?

体の変化によってかかりやすくなる病気もあります。今回はその中の一つ、カンジダ膣炎をご紹介したいと思います。

カンジダ

膣カンジダと原因

カンジダとは口の中や消化器官、膣粘膜などに生息する真菌、いわゆるカビで誰の体にもいる常在菌です。
弱い菌なので、通常は人の持つ免疫力で悪さはしませんが、ストレスや疲れ、風邪など免疫力が落ちた場合、抗生物質を使用した場合などにバランスが崩れ、菌が異常増殖して炎症や痒みを引き起こします。
さらに妊娠すると免疫力低下に加え、普段は酸性である膣内が菌が増殖しやすいアルカリ性に傾くため発症しやすくなります。
通常だと約10%の人がもっていますが、妊娠中だと20〜30%、妊娠後期では30〜50%の割合で検出されます。

膣カンジダの症状

膣カンジダの症状としては以下のようなものがあります。
・おりものの分泌量が増える
・ポロポロした白いおりもの(カッテージチーズ、豆腐、酒粕)
・陰部の痒み、腫れ、タダれ
・膣の熱感、ヒリヒリ感
・性行痛

カンジダになっても赤ちゃんは大丈夫なの?

妊娠中にカンジダになっても赤ちゃんは丈夫な羊膜に包まれているため、感染やお薬を使うことによる影響は心配はありません。

また、お産の時にカンジダ膣炎を発症している場合もお産の時には大量に分泌物や出血があるため、産道による感染はあまり心配しなくても大丈夫ですが、稀に赤ちゃんに感染し、鵞口瘡(口の中でカンジダ菌が増殖する)などを発症する場合もありますので「おかしいな?」と思ったら早めにお医者さんに相談しましょう。

また、このときパートナーに移ることがあるので治るまで性行為はお休みしましょう。

妊娠薬

カンジダの治療方法とは?

治療には膣内洗浄と一般的にオキシコナゾール硝酸塩という抗真菌薬である膣錠、軟膏を使用します。
毎日膣錠を入れるタイプのもの(オキナゾールV100)と、一回入れると一週間ほど効果が持続するタイプ(オキナゾールV600)のものがあります。
また、外陰部に塗る軟膏を併用するとより効果的に治療が行えます。副作用はまずありませんので、もし悪化する場合も受診しましょう。

カンジダの場合、ステロイドなど免疫抑制剤を使うと悪化してしまうので自己判断はせず、きちんと受診しましょう。
また市販の陰部用かゆみ止めに関しても悪化する場合があります。
必ず、受診しましょう!

カンジダ膣炎の再発を防ぐために

カンジダ膣炎は一回治しても、何度も再発を繰り返してしまうことがあります。

おうちでできるケアには
・乳酸菌を摂る
・石鹸で洗わない
・ビデなどを使用しない
・ムレなどを防ぐ
・おりものシートをこまめに交換し、清潔を保つ
・糖分の摂りすぎに注意する。
・できるだけ規則正しい生活を送る

石鹸で陰部を洗うと良い菌まで殺してしまうため陰部は石鹸で洗わないようにしましょう。
ビデに関しても、お薬が取れやすくなってしまうので治療中は極力控えましょう。

ムレもまた菌が増殖しやすい原因となるため、綿などの通気性のよいショーツを使用するのがおすすめです。
また、糖分の摂りすぎはカンジダ菌を増殖させる原因の一つであるため、糖分の摂取も控えたほうがよいでしょう。

膣カンジダは妊娠中でなくても女性の5人に1人が発症すると言われている、起こりやすい病気です。
妊娠中は特にデリケートなので、おかしいな?と思ったらお医者さんに相談して楽しい快適なマタニティーライフを過ごしてくださいね。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.