マタニティーウェアのかしこい選び方とは?

妊活ウェア

妊娠中の洋服も、初期くらいまでは買い替えなくても今までの洋服で大丈夫かもしれません。しかし中期以降はおなかもせり出し、体も丸みを帯びてくるためマタニティーウェアが必要になってきます。
臨月頃になるとお腹周りは90〜100cmほどにもなります。まだ動くことができるつわりが落ち着いてきた妊娠中期の早めに購入しておきましょう。

・ワンピース

一番よく見かけるマタニティーウエアのタイプです。チュニックのようにパンツと組み合わせて着用できるため着回しが聞きます。また、ゆったりした伸びるデザインのものが多いため産前産後問わずに使用できるものもあるため非常に経済的です。
さらに、すぐに授乳ができる授乳口付きのものもあります。
これは乳房の部分がボタンなどで開閉可能になっており、いちいち洋服を脱着せずに赤ちゃんにおっぱいをあげられる優れものです。
妊娠中、出産後はまだ骨盤も完全に元には戻っていないですし、乳房も乳腺が発達してママの体はひとまわり大きくなっていると考えてサイズは大きめのものを購入されたほうが良いでしょう。

shutterstock_114202810

・ボトムス

最近のパンツの流行はとても細いスキニージーンズなどですが、妊娠中にはスキニージーンズなど履けません。
産後もあまり細いタイプのパンツはお勧めできません。なぜなら妊娠中についた脂肪やお腹のたるみは産後しばらく続き、出産したからと言ってウエストがすぐに戻るわけではないからです。
さもするとお腹のたるみは完全には戻らないため、きついのを無理やり履けば、締め付けられますから血流も悪くなりますし冷えの原因にもなってしまいます。
妊娠中はマタニティータイプのボトムスをお勧めいたします。お腹を包み込むようなウエストの構造になっています。
お腹まわりはゆったり、デザインはクロップドパンツタイプやカプリパンツタイプ、スキニージーンズタイプやショートパンツタイプなど種類も豊富です。2〜3枚持っておくと便利でしょう。

・コート

出産予定が冬の場合、ママコートを購入しておくと便利です。赤ちゃんを抱っこひもで抱っこしたままコートを着てすぐお出かけできます。コートの前開きの部分が赤ちゃんの分だけ余分に大きくなっているコートです。もちろんその赤ちゃん布部分は着脱可能になっておりママ一人でも着られるツーウェイになっています。

・下着

妊娠中は、いつもの下着は必ず履けなくなります。お色気たっぷりの下着もレースフリフリの下着ともしばらくおさらばです。妊娠中の下着は俗にいう、デカパンです。履いた瞬間複雑な気持ちになりますが、大きくゆったりして良く伸びないとお腹の赤ちゃんを守れません。最近では、かわいいデザインのものも販売されていますが、デザイン重視ではなく使いやすさ、付け心地で選びましょう。さらに、マタニティーガードルなども売っています。お腹を支えるベルトのようなものがついていて安心感があります。自分で一番着け心地の良いものを購入しましょう。

ブラジャーについても同様です。サイズは1〜3カップ程度アップします。締め付けない、付け心地の良いものを購入されることをお勧めします。

・腹巻

あまり必要ないように思われがちですが、必須アイテムです。大きくなったお腹を腹巻が包み込み、安心感をもたらしてくれます。また、妊娠中の冷えは禁物です。体の中心は冷やさないようにしましょう。産後も、授乳をする際、上半身の洋服の着脱が多くなります。お腹に腹巻があれば、安心ですね。

・妊婦帯

腹巻と似ていますが、ママのお腹を支える太いベルトのようなものです。大きくなっていくお腹をサポートしてくれます。臨月前後などはお腹も重くなり、ママが動くのもつらくなってきます。腹巻よりもサポート力は強く、とても安定感があります。また、お腹が大きくなるにしたがって腰痛が出現する場合があります。サポート力が強いので腰椎が安定し、腰痛を軽減してくれます。

 妊娠生活が経過するに従い、お腹も大きくなり体の変化がたくさん出てきます。妊娠・出産グッズは、デパートなどに行けば必ずあります。ショップの店員さんにいろいろ聞いてみるのも良いでしょう。病院でしたら助産師さんが一番マタニティーグッズに詳しいと思います。最初は誰でもママ1年生です。わからないことや不安なことはいろいろな人に聞き、様々な人の助けを遠慮なく借りて妊娠時期を乗り越えていきましょう。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.