知りたい!つわりっていつから始まっていつ終わるの?

妊娠したら多くの妊婦さんが体験する【つわり】。いつから始まっていつ終わるのでしょうか。また、症状はどんなものなのでしょう。つらい症状はとっても不安になるものです。知らないと余計に不安が大きくなることも…つわりについてわかりやすくお伝えします。

つわり元気

つわりの時期と症状 原因は?

一般的に妊娠5週~8週に始まり、12週~16週には終わるといわれています。もちろん個人差がありますので、もっと早く始まったという方もいます。
症状は吐き気・胃の不快感・嘔吐・便秘・頭痛・めまい・肩こりなど様々です。

そもそもどうしてつわりが起こるのでしょう。つわりは体のホルモンバランスの変化によって起こります。妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。そしてhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンも分泌されます。これは順調な妊娠経過をたどるうえで欠かせないホルモン変化です。しかし重要なこのホルモンは脳の嘔吐中枢を刺激してしまうのです。そのために吐き気や嘔吐といった症状がでてしまう、これが【つわり】です。また、プロゲステロンというホルモンは胃や腸の動きを弱めてしまうので、吐き気や不快感・嘔吐・便秘の原因になることもあります。吐き気や嘔吐のほかにめまいや頭痛なども起こることがあります。

このようにつわりは正常な妊娠経過で起こるホルモンの変化によって起こります。つわりが起こることは心配のない正常な体の変化です。妊娠した方の半数以上、50~80%の割合で起こるといわれています。つわりが起こったからと過度に不安になる必要はありません。しかし実際につわりが起こったらどうすればいいのか不安になるのは当然ですね。赤ちゃんに影響はないのか、どうしたらいいのか見てみましょう。

つわりの時はどうすればいい?赤ちゃんは大丈夫?

つわり

つわりで一番心配なのが吐き気や嘔吐で食事が食べられなくなってしまったときですね。「こんなにしんどい時期がいったいいつまで続くの!?」と自分自身がつらいだけでなく、食事をきちんと食べられなくて赤ちゃんが栄養不足になってしまったり何か悪い影響があるのではないかととても不安になると思います。けれど必要以上に不安にならなくても大丈夫です。つわりは時期が来れば自然に良くなります。また、妊娠初期の赤ちゃんの栄養必要量はごくわずかです。万が一全く一口も食べられなくなっても点滴などで十分補給可能です。

つわりの時の一番の心配は?

つわりの時期は脱水になるのが一番心配です。食事が難しくても水分だけは十分にとってください。市販のスポーツドリンクは吸収も良く電解質もカロリーも補えます。常用量の範囲でつわりの時期は積極的に利用されるといいでしょう。(つわり以外の時期はカロリーオーバーや糖質オーバーになりやすいので注意です)

前にお伝えしたように妊娠初期の赤ちゃんの栄養必要量はごくわずかです。あまり栄養バランスに神経質になりすぎず、好きなものや食べやすいものを少量ずつ5~6回に分けて食べましょう。カロリー補助食品も利用しても良いでしょう。匂いに敏感になって食べにくい場合はさましたり冷たい状態で食べると食べやすくなります。

つわりの時期に不足しがちな栄養素

ビタミンB

つわりの時期に不足すると心配なものにビタミンB1があります。ひどく不足するとウェルニッケ脳症という妊婦さんにとって怖い病気につながる恐れがあります。ビタミンB1は水溶性ビタミンという種類なので過剰にとって問題になることほとんどありません。可能ならば積極的に食品からとりましょう。豚肉や大豆・えんどう豆などの豆類、うなぎやお米に多く含まれます。ご飯に混ぜて炊く強化米というものがありますので、そのようなものを利用するのもよさそうです。

もし全く食べられない場合はかかりつけの産科の先生と相談し点滴などをしてもらうといいですね。つわりもまれに悪化して脱水や栄養代謝障害といった状態になる場合があります。妊娠した方のうち0.5%という少ない数ですが全く食べられない・飲めない・5%以上の体重減少(体重50㎏の方なら2.5㎏以上減少した場合)はかかりつけの産科の先生に相談しましょう。

つわりの時期に運動??

そのほかにも便通の調節や適度な運動(30分程度のウォーキング)もつわりの軽減に役立ちます。運動はあまり食事ができず摂取カロリーが不十分の場合はやや少なめにしたほうが良い場合もあります。ストレスも関係するので夫など家族のサポートもとても重要です。里帰りで楽になる場合もあるので無理せず周りのサポートが受けられる場合は頼ってみましょう。

つわりは正常な妊娠経過で起こる体の変化です。つわりはどんなに長くても妊娠期間が終われば終わります。それでもつらい症状を乗り越えるのは大変です。周りのサポートを受けながらかわいい赤ちゃんに会えるのを楽しみに妊娠ライフをすごせるといいですね。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.