妊娠中こそ美肌になろう!肌トラブルに有効なアロマ

妊娠肌

妊娠して様々な体調の変化を感じている妊婦さんは多いと思いますが、肌質の変化を感じている方もいらっしゃるかもしれません。妊娠するとホルモンバランスが大きく変わることに加え、つわりによる食生活の乱れで栄養バランスが崩れたり、頻尿のために睡眠が浅くなったりして、肌が荒れやすくなります。

ですが落ち込むことはありません!安定期に入るにつれ、体調とともに肌の調子も徐々に回復していきます。妊娠期間中は自分のお肌とケアを見直す最適な時。赤ちゃんを迎えるまでの間に肌に優しいケアでヘルシーな肌作りをして、すっぴんでもキレイな肌を手に入れましょう。

妊娠すると肌はどうなる?ホルモンバランスの変化

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が妊娠前と比べて劇的に変化します。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、どちらのホルモンも妊娠中分泌量が増えます。エストロゲンは肌や髪をつややかにし、皮膚の細胞を活性化させますが、プロゲステロンは便秘や肌荒れ、イライラを起こすことがあります。そのために、このホルモンバランスの変化が急に起きた妊娠初期には特に肌が荒れやすくなります。

ここでは、妊娠中に起こりやすい肌のトラブルと、アロマセラピーを用いた対処法をご紹介いたします。

かゆみ、敏感肌、あせも

敏感になりがちな妊娠初期には、とにかく刺激を避けるスキンケアを心がけましょう。もしかゆみがあり過敏な状態でしたらその部分は化粧をせず、洗う時も拭く時もこすらず優しくケアします。今まで使っていたスキンケアが合わなくなったら使用をやめ、敏感肌用のものや添加物の少ないできるだけ自然に近い成分のものに切り替えてみましょう。

また、妊娠中は汗っかきになるため夏は汗疹ができてしまうかもしれません。特に下着の当たる部分や首筋、背中は汗がたまりやすいので要注意です。汗をかいたらシャワーを浴びるか濡れタオルでふき取り、こまめに着替えましょう。できてしまった汗疹には、かゆみや炎症を抑える精油を使ったローションでケアします。

敏感肌用ローション

精製水100mlにホホバ油2ml、好きな精油を3滴入れ、良く振り混ぜる。これを化粧水として洗顔後の保湿に使用する。汗疹には、お風呂上りや汗を拭いた後、着替えた後などに患部につける。

*市販のフローラルウォーター(芳香蒸留水。ローズウォーター、ラベンダーウォーター、カモミールウォーターなど)を代わりに使っても良い。

冷やしコットンでパック

かゆみがひどく、赤みを帯びている箇所には、洗顔後に冷やしたコットンでパックをしてかゆみと炎症を和らげましょう。

1、冷水に好きな精油を2滴入れる。

2、コットンを浸し、軽く絞って患部に5分ほどあてる。

*皮膚の状態を見ながら行います。かゆみや赤みが増したときはすぐに止め、患部を水で洗い流します。

<おすすめの精油>

真正ラベンダー

メリッサ

ローズ

カモミールローマン

吹き出物

妊娠前まで乾燥肌だったのに妊娠して吹き出物やニキビができる方もいらっしゃいます。敏感な肌にゴシゴシ洗いや刺激は禁物です。フェイシャルスチームで優しく毛穴のディープクレンジングをしましょう。

つわりによる食生活の乱れも関係します。つわりがひどい時でも、柑橘類やいちご、リンゴなどの果物は食べやすくビタミンCも摂取できます。ヨーグルトやゼリー、グラノーラなど、食べやすいものを口にするようにしましょう。

毛穴すっきりフェイシャルスチーム

1、洗面器に熱湯を入れ、好きな精油を2滴ほど入れる。

2、蒸気が顔に当たるようにし、頭の上からバスタオルをかけて5分ほどスチームする。目は閉じ、ゆっくりと深呼吸する。

3、終わったら、冷水で肌を引き締めいつも通りのスキンケアをする。

<おすすめの精油>

真正ラベンダー

サイプレス

ゼラニウム

ローズマリー

乾燥

妊娠期間中は体温が高くなり、肌が乾燥しやすくなります。乾燥すると肌のバリア機能が弱くなるので早めに保湿対策をしましょう。

乾燥させない!1滴で潤う保湿オイル

キャリアオイル(ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、マカダミアナッツオイルなど)10mlに、好きな精油2滴を混ぜる。これを、洗顔後、化粧水の後に、手のひらに2、3滴取り、両手のひらに広げ温めながらハンドプレスして顔になじませる。

<おすすめの精油>

フランキンセンス

ローズウッド

真正ラベンダー

ゼラニウム

ネロリ

くすみ、クマ

夜ぐっすり眠れなかったり、ストレスを感じたりしてくすみやクマが出るかもしれません。肌の調子が悪いと気分も悪くなりますよね。入浴後にいい香りのオイルでフェイシャルマッサージをし、血行を良くして眠りにつきましょう。

アロマフェイシャルマッサージ

上記の要領で作った保湿オイルを、小さじ1、2杯分ほど手に取る。(乾燥気味の時は多めに、脂っぽい時や暑い時は少なめに。)

1、手のひらで温めたら頬、鼻筋、おでこへとオイルを広げ、血行を促すようにくるくる全体をマッサージする。

2、目の周りは優しくなでてからプッシュ。眉はつまむようにして、こめかみはぐっと押す。

3、鼻の脇から頬骨の下を、上に押しあげるようにしながら耳までたどる。

4、顎下に親指をあて、耳に向かってリフトアップするように押し流す。耳は外側にぐっとひっぱり耳たぶを押してツボを刺激し、最後に耳から鎖骨に向かって、首をなでおろす。

5、終わったらそのままおやすみなさい。(もしオイルの油分が気になったら、ティッシュかウェットコットンで軽く拭き取る。)

<おすすめの精油>

真正ラベンダー

ネロリ

ゼラニウム

ローズウッド

妊娠線

妊娠してお腹が出てくると、皮膚が引き伸ばされて乾燥しやすくなります。そのためにできた皮下組織の傷跡が表面に出てくると妊娠線となります。一度できると完全には元に戻らないので、妊娠線を作らないようにオイルで保湿しておきましょう。

妊娠線予防のオイル

キャリアオイル50mlに好きな精油10滴を垂らし、良く混ぜる。これをお風呂上りなどに、お腹、ヒップ、胸周りに塗る。

<おすすめの精油>

マンダリン

ネロリ

真正ラベンダー

ローズウッド

パルマローザ

しみ・そばかす

妊娠中は、ホルモンの影響で日焼けしやすくなります。季節に構わず日焼け対策はいつも以上にしましょう。夜のお手入れに鎮静作用のあるラベンダー、美白作用のあるレモン、細胞成長促進作用のあるフランキンセンスやゼラニウムを使ってケアします。

日焼けしてほてりがある時は冷やしコットンパック

真正ラベンダーとペパーミント精油を1滴ずつ冷水に入れ、コットンを浸して軽く絞り、日焼けした箇所に5分ほどあてる。

気になるしみにレモンをスポット塗布

キャリアオイル10mlにレモン精油を4滴入れ、美白用保湿オイルをつくり、毎晩しみやそばかすの気になるところに塗る。

新陳代謝を促すフェイシャルマッサージ

キャリアオイル10mlにフランキンセンスとゼラニウム精油を1滴ずつ入れ保湿オイルをつくり、フェイシャルマッサージをする。

いかがでしたか?自分でスキンケア用品を手作りするのは一見面倒そうですが、キャリアオイルと好きな精油数種類、あとは水やお湯、コットンさえあれば色々な症状に対処できます。特に真正ラベンダーは万能精油であらゆるシーンに活躍してくれます。好きな香りでケアすれば気分もよくリラックスでき、肌の調子も良くなります。100%天然の自然の恵みを頂いて、肌の自然治癒力を引き出すケアをしてみてください。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.