妊娠初期に気をつけてとりい栄養素ビタミンA

ビタミンA

妊娠中の食事は、妊婦さんであるお母さんの健康管理はもちろん、赤ちゃんのライフステージの最も初期の段階の栄養状態を形づくるものとしても重要とされています。
安心して元気な赤ちゃんを出産するためにも、食事や栄養にも気を付けていきたいですね。
栄養素は色々と種類がありますが、今回はその中でも脂溶性のビタミン、ビタミンAに着目してみましょう。

ビタミンAには動物性食品に含まれるレチノール、レチナール、レチノイン酸がある他、体内でビタミンAに変わるプロビタミンAと言われるものがあります。このプロビタミンAには、カロテンやクリプトキサンチンなどのカロテノイドがあり、これらは緑黄色野菜などの野菜や果物に多く含まれています。

ビタミンAはの主な働きは、皮膚や粘膜の健康保持、視覚の正常化、成長および分化に関係していて、不足すると皮膚や粘膜の乾燥、夜盲症、成長障害、胎児の奇形などを引き起こす恐れがあります。

しかし、このビタミンAは、摂りすぎても胎児に奇形を起こす可能性があるのです。

【付加量も上限量もある】

厚生労働省が出している食事摂取基準では、ビタミンAは妊娠前よりも多く摂取すべきとする付加量と、過剰摂取を避けるための耐容上限量の設定をしています。

このことからも、「不足しても摂りすぎてもいけない」ということがわかるかと思います。ただし、この過剰摂取のリスクに関しては、注意したい点があります。それは、過剰摂取による健康障害が報告されているのは、サプリメントあるいは大量のレバー摂取などによるものであるということです。前述の野菜などから摂取できるカロテンなどのプロビタミンAを摂りすぎても、胎児奇形などの過剰障害は知られていないそうです。これは、カロテノイドなどのプロビタミンAは、必要以上に摂りすぎたものはビタミンAに変換されず、脂肪組織に蓄えられるか、排泄されるという仕組みがあり、体内で調節されているため、過剰症は生じないのです。

【緑黄色野菜での摂取がおすすめ】

ビタミンAは体内で合成できず、胎児の発達に必須です。そう聞くと、「一生懸命摂らなくては」と思いますよね。もちろん大切な栄養素ではありますが、サプリメントに頼ってしまうと、前述の通り過剰症のリスクもあります。ビタミンAを多く含むレバーも同様です。一回の摂取量や頻度に気を付ければよいと言われますが、「食事摂取基準の付加量+60?ってどのくらい?」「そもそも妊娠前の必要な量はどのくらい?」「何をどれだけ食べたらいいの?」と悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、緑黄色野菜です。

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドは、必要量だけが体内でビタミンAに変換されます。そのため過剰症の心配も不要です。また、野菜類からはビタミンA以外の必要な栄養素も摂取できるので、その点でもメリットがあると言えるでしょう。

今回はカロテンの名前の由来にもなっている簡単な人参のレシピをご紹介したいと思います。

ビタミンA

ビタミンA

<材料>

人参 1本

白ワインビネガー(または米酢や穀物酢でも可) 大さじ1

レモン汁 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1/2

砂糖 小さじ1/2

塩 0.5g

お好みでレーズンやクルミなど(今回のレシピではレーズン20gとクルミ10g使用)

<作り方>

1、ピーラーで人参をスライスする。

2、1と酢、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、レーズン、クルミなど、材料をすべて和えて、冷蔵庫で冷やしておく。

作り立てよりもやや味がなじんだ頃が美味しく、冷蔵庫で保存して1〜2日は持ちますので、作り置きレシピとしてもよいでしょう。プロビタミンAであるカロテンは脂溶性で、油と一緒に使った料理では吸収率が上がります。炒め物以外にも、オイルを加えたサラダも、カロテン(ビタミンA)の摂取におすすめです。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.