妊娠中、大切な栄養と体重管理とは?

妊娠体重管理

妊娠中の体重増加いかかですか?
つわりで痩せてしまった。
食べづわりで太ってしまった。
そんなに食べていないのに体重が増えてしまう。
食欲が抑えられない。

悩みは様々ですね。

体重増加で注意が必要なのはつわりが治ってからです。

今回は妊娠中の栄養や体重増加についてお伝えしたいと思います。

妊娠中に体重が増える理由

妊娠中に体重が増える理由はいくつかあります。

・ホルモンによる体の変化

・子宮や胎盤、羊水、赤ちゃんなどの物理的なもの

まずは妊娠することでヒト胎盤性ラクトゲンというホルモンが出るようになり、そのホルモンの影響により体が脂肪を蓄えようとします。

また、出産時の出血に備え、体内の血液量や水分量も増えます。

そして、物理的な胎盤(約500g)、羊水(約500g)、子宮(約1kg)、胎児(約3kg)で約5kg前後ありますので脂肪なども入れてトータルにすると約8kg前後となります。

体重増加はどのくらいまで大丈夫??

体重が増えすぎると・・・・

・妊娠高血圧や妊娠糖尿病など、妊娠中毒症になる恐れがある

・産道に脂肪がつくので赤ちゃんが出てこれず、難産になりやすい

・微弱陣痛になりやすい

・赤ちゃんが大きくなりすぎる

体重増加の目安はもとの体重にもよります。

目安はもとの体重+10〜12kg、もともと体重のある人は+8kg程度が理想です。

個人差がありますので、担当医や助産師さんに確認しましょう。

体重管理に必要なこと

・適度な運動(医師に確認のもと)

妊娠初期は避け、運動は安定期に入ってから問題がなければ適度に行いましょう。

体重管理だけではなく運動をしているとストレス解消や、スムーズなお産になります。

最近では産院でマタニティービクスやマタニティーヨガを行っているところもありますね。

同じ楽しみや悩みを共有できるママ友作りにもなりますし、是非参加してみましょう。

・30回以上よく噛んで食べる

よく咀嚼して食べると満腹中枢を刺激して食べすぎの予防になります。

また、よく噛むことで腸にも負担がかからず消化や吸収を助けてくれます。

・果糖など糖分の摂りすぎに気をつける

過剰な糖分は脂肪として蓄えてしまいます。

また、赤ちゃんも糖分を摂りすぎると過体重になりやすいので注意しましょう。

妊娠中はエネルギーを必要とするので、自然と甘いものも欲してしまいますが、

だらだらと食べると体重が増えやすいので量を決めるて食べましょう。

また、砂糖は中毒性があるのでできるだけイモや栗、ナッツ類など自然な甘みのものが良いでしょう。

・和食を心がける

和食は油もあまり使いませんし、魚には良質なたんぱくと魚油、オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)が多く含まれています。

オメガ3脂肪酸は赤ちゃんの脳の発達にもよいとされているのでイワシやサバなど青魚を摂るなど魚や野菜を中心の食事を心がけましょう。

また、偏った食事は部分的に栄養不足になり、余計にお腹がすいてしまいます。

バランスの良い食事を心がけましょう。

・ストイックになりすぎない

お母さんの食べたものが赤ちゃんの栄養となるので、あれこれ気にしすぎてしまう方も目にします。

お母さんがそれをストレスに感じてもいけないので、自分のできる範囲で良い食生活を心がけましょう。

また、体重増加を気にするあまり妊娠中にダイエットや食事制限を行うと胎児の栄養不良の可能性もありますし、お母さんの体や心へのストレスになります。

また、赤ちゃんの体重が増えにくかったり、リバウンドの可能性もあるので注意しましょう。

最後に

お母さんが、体重や食事を意識しているだけで体重増加は違ってきます。

無理なく、食生活に気をつけてお母さんも赤ちゃんも元気で、良いお産にしていきましょう。

 ,

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.