出産準備、病院・クリニック・助産院どこにする?どこで産む?

看護婦さん

妊娠するまであまり気にしたことがなかった産科。しかし産科こそ自分がこれから妊娠を継続して出産に至るまで安心して過ごすためのベースとなる場所です。産科医は現在、減少の一途をたどっています。産科医不足のために総合病院にもかかわらず、産科のない病院や産科があるにもかかわらず出産できないというような病院もあります。まず、自分が出産できる病院を探すこと自体が、産科医が不足する地域では至難の業であることがあります。また、妊娠にはトラブルや悩みがつきものです。気軽に相談でき、自分が信頼できる医療専門職者を探し、そこで出産までの約10か月安心して妊婦健診に通院できるような病院に出逢いたいものです。

人間にもいろいろなタイプの人がいるように、産婦人科の先生や医療スタッフもいろいろなタイプの人がいます。妊娠前にいろいろ見学したり、先生とお話したりできると良いのでしょうがそんな妊婦さんはあまり見かけません。今の時代、たくさんの病院やクリニックの評判や情報がインターネットなどに流れています。しかし自分に合うか合わないかというのはやはりインターネット上の情報だけではわかりません。気になる産科の病院を見つけたら一度、散歩がてら見学に行ってみましょう。きっと自分に合った病院や医療スタッフに巡り合えるはずです。

出産する場所はどんなところがあるの?

・総合病院、大学病院など

新生児集中治療室NICUなど新生児医療に対応していて設備が整っています。高齢出産などハイリスク妊婦の場合は安心です。お産もいつ何時急変が起きるかわかりません。高度な医療が提供でき、急変時は早い対応をしてくれるという事が一番の長所です。また、医療専門職を教育する場所でもあるので医学生をはじめ看護学生、助産師の学生などがいます。健診中の処置や検査の見学を依頼されたり、時には出産までの過程を学生が受け持つ(もちろん患者の許可が必要であり、医師や助産師も必ず付き添います)こともあります。
短所としては、病院も大きいので患者の数が多く、お産までの流れや処置が機械的、画一的になりがちです。もちろん外来患者の数も多く、インフルエンザなどの感染症がうつるリスクもそれだけ高くなります。また、妊婦健診自体も平日だけの病院が多く働くママは健診の度に有休をもらわねばなりません。

・診療所、個人病院、クリニックなど

医師が1〜5名ほどの病院が多いです。人数は少ないですがそのぶん家庭的でアットホームな雰囲気です。産み方、いわゆるバースプランや母乳育児にこだわりがある施設が多いのも特徴です。基本的に担当の医師が変わることは滅多にないので初診から分娩まで同じ先生に診察してもらえ、安心感があり質問しやすい環境です。無痛分娩や自然分娩など、自分の産みたいスタイルに合わせてくれやすいのも特徴です。総合病院や大学病院では自然分娩のみの取り扱いが多く出産スタイルの選択は自由度が低いです。また、母子同室、カンガルーケアなど産後の母子の愛着形成のために積極的な施設も多いです。
短所としては、夜間、休日の対応が乏しいことがあるので確認しておくことが必要です。
また、最近では妊婦健診のみの実施でお産は取り扱わないところも多くなってきています。これも必ず確認しましょう。

・助産院

助産師が開業している施設です。自分の家のような温かみがあるのが特徴です。自分に合った食事や運動などのケアを受けることができます。また、産後の身体、精神面でのフォローは強いです。ただしハイリスク妊婦でないことが前提の利用です。助産師さんは会陰切開や会陰縫合などの医療行為はできません。妊娠中や分娩中の急変などに備え、嘱託病院医師との連携が取れているか必ず確認しましょう。

大体のご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。産科の病院はどこでもよいというわけではなく一番は「自分にあっているか」、もう一つ重要なことは車や公共の乗り物で30分から1時間くらいで行くことができるか。という事です。急な破水や状態の変化があった時はもちろん、お腹が大きくなってきて体も重くなりますので定期的に健診へ行くことを考慮すると比較的近いほうが安心です。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.