妊活ストレッチで血流改善!今日から始められる「楽しい♪妊活」腰痛編

妊活ストレッチで血流改善!今日から始められる「楽しい♪妊活」腰編

妊活にストレッチはぴったり!

楽しく妊活するにはストレッチがぴったりなんです!なぜならばストレッチは「~をしながら」出来るから♪つまり、自分の好きなことをしながら出来るので妊活を苦に思うことなく、ベビーを迎える準備として楽しく行うことが出来るからです♡
「妊活」と聞くと何かを我慢したり、無理して頑張るイメージがある方もいるかと思いますが、妊活ストレッチは間違いなく楽しく出来ます!例えば、好きな音楽を聴きながら。例えば、お気に入りの映画を見ながら。長風呂中にもストレッチがぴったりですね。ちなみに私は妊活ストレッチ中にベビーの名前を考えてとても幸せな気持ちに浸っていました♪
今回はどこでも簡単に行うことができる腰部ストレッチを2パターンご紹介します。

腰部ストレッチの重要性

腰

腰痛持ちの方はもちろん、今腰痛が無くても、妊娠によって腰痛になってしまったという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。妊娠中、大きくなるお腹にしたがって反り腰になります。反り腰と言うのはちょうどハイヒールをはいた時のような姿勢です。肩が後ろに引いてお腹が前に突き出た姿勢になるので、腰には大きな負担がかかってしまうのです。
そのため妊活中から腰部ストレッチをマスターして、普段から柔らかい体作りをすることで妊娠後の腰痛を緩和する役目を果たします。また腰部ストレッチによって腰を温めることで、冷え性の改善にも役立ちます!

腰部ストレッチのあれこれ

一般的な腰部ストレッチは腰を大きくひねったり前かがみになってお腹を圧迫するものですが、これからご紹介するものは仰向けになってじんわりと腰を伸ばすストレッチなので、妊活中はもちろん、妊娠後も続けることが出来ます。また、1畳ほどのスペースがあれば出来るものなので、テレビを見ている時や寝る前などに行うことが出来てとってもオススメです。

腰ストレッチ

●腰部ストレッチ・その1

①仰向けになります。もし可能であれば両手は真横に広げますがスペースが無ければ体の横に置いておきます。
②膝を90度くらいにまげて山を作ります。
③そのままゆっくりと膝を倒します。このとき倒した方と反対側の方が床から上がらないようにしましょう。
④痛みのない範囲で30秒程キープします。体が柔らかい方は膝を倒した方と反対側に顔を向けてください。
⑤ゆっくりと膝をもとに戻して反対側も同じように行います。

これを数回繰り返してください。じんわりと気持ちのいいストレッチが出来ると心も体もリラックス出来ます♪
このストレッチは寝て行うのが一番安全で効果的ですが、実は座った姿勢でも行うことが出来ます。

●腰部ストレッチ・その2

①背もたれのある椅子に座ります。
②猫背の方や反り腰の方は、姿勢を正してください。
③ゆっくりと上半身を右へひねります。
④痛みのない範囲で30秒程キープします。このとき、左手を体の前から手を伸ばして背もたれを持ってください。
⑤ゆっくりと戻して反対側にひねります。このとき右手で背もたれを持って30秒程キープしてください。

以上を数回繰り返します。オフィスでちょっと休憩タイムに、また好きな音楽を聞きながら行うのにぴったりです!

腰部分のストレッチまとめ

腰部ストレッチを仰向け姿勢と座った姿勢で2種類ご紹介しました。場面に合わせてストレッチを使い分けることが出来ればストレッチマスターですね!どちらも「何かをしながら」気軽に行うことが出来るので日々の生活にも取り入れやすいと思います♪ストレッチは1回やればいいと言うわけでなく継続が必要です。プロのスポーツ選手でさえ、練習前、試合前の念入りなストレッチは欠かしません。妊活女性にとってもストレッチが身近なものになり毎日の習慣にして頂き、より妊娠しやすい体になるよう願っています♪

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.