基本のき!基礎体温のことが知りたい!

妊娠を考えている方なら一度は耳にしたことがあるでしょう《基礎体温》。測ったことはありますか?赤ちゃんがほしいなと考えている方は是非基礎体温を測ってみてください。自分の生理周期を確認でき、排卵日の予測などができますよ。今回は、基礎体温の正しい測り方やグラフの読み方、排卵日やそのほか基礎体温から知れることをわかりやすくお伝えします。

基礎体温ってなあに?

基礎体温とは、最も安静にしている時の体温です。4時間以上睡眠をとった状態で、起床後すぐに動かない状態で測りましょう。つまり寝起きすぐに測るということです。基礎体温はちょっとした動きでもすぐに上がってしまいます。そして安静にしてもすぐに落ち着くわけではありません。なので、基礎体温はいつでも好きなタイミングで測定することができません。しばらく寝転んで安静にして測定しても正しい基礎体温は測れません。寝起きが唯一の測定のタイミングなのです。では、具体的に正しく基礎体温を測るポイントを見てみましょう。

体温計

基礎体温の正しい測り方

1.基礎体温計を準備する

基礎体温を測るための専用の体温計が必要です。風邪の時に使う普通の体温計では測れません。小数点第2位まで表示されるものが基礎体温計です。(通常の体温計は36.0℃と表示されますが、基礎体温計は36.00℃と表示されます)わきではなく口の中で測ります。基礎体温計はお近くの電気屋さんやドラッグストアで買うことができます。価格もそうですが、測定方式や機能などが違う様々な種類のものがあります。どれを選べばよいのか正直悩みます。いろんな種類がありますが、基本的にどれでも正しい基礎体温が測れるのでどれを選んでも大丈夫です。ただ、基礎体温は毎日続けて測ることが重要なので、忙しい朝でも時間を気にせず短時間で測定できるタイプがオススメです。

2.寝る前に準備

寝る前に枕元に基礎体温計を置いておきます。基礎体温は「起床後すぐに動かない状態で測りましょう」といった通り、目が覚めたら起き上がらず測定する必要があります。体温計を取りに行く動作も体温に影響してしまいます。目が覚めたら枕元に置いてある体温計を取ってすぐに測定をしましょう。

3.目覚めたらすぐ測定

目が覚めたらさっそく基礎体温を測定しましょう。基礎体温計は舌の下、真ん中のすじの横にくっつけるようなイメージで体温計を当てます。口は閉じておきます。できるだけ体も動かさないように安静して測りましょう。

4.記録しよう

測定値を記録します。体温は線でつないでグラフにしましょう。測定できなかった日があっても気にせずとばして線でつなぎます。体温のほかに、出血やおりものの有無・体温に影響しそうな出来事(飲酒・睡眠不足・寝不足・性交・風邪・薬の服用など)も一緒に書いておくと良いでしょう。基礎体温表はインターネット上でもたくさん見つけることができます。また、体温を入力するだけでグラフ化してくれて、排卵日・月経予定日なども予測してくれる便利なアプリなどもあるので自分の使いやすいものを探してみるといいと思います。

基礎体温表の見方

線でつないでグラフにしてみると低い体温と高い体温の2つの時期に分かれていませんか?基礎体温は《低温期》と《高温期》に分かれていて、これを《二相性》といいます。標準的な基礎体温表は二相性になっています。
低温期は月経開始から排卵までの期間です。高温期は排卵後から次の月経までの期間です。高温期の体温は低温期の0.3℃以上高い体温が正常です。高温期は14日程度です。月経周期は個人差がありますが、それは低温期の長さで変わります。高温期は基本的に約14日で変わりません。(35日周期の場合だと低温期は約21日、高温期は約14日になります)

基礎体温

基礎体温表からわかること

基礎体温を測ると排卵日を予測できるようになります。排卵は低温期から高温期になる時期に起こります。しかし厳密には排卵日を確定することはできません。超音波検査では実際に排卵を確認することができますが、基礎体温表と照らし合わせてみると体温最低日~高温期初日の間に排卵することが多いと統計がでています。しかしそれより前や後に起こる場合もあります。排卵による基礎体温の変化には個人差があるようです。ただ、排卵日を確定はできなくても排卵日付近だとわかれば妊活に役立てることができますね。

また高温期が14日以上続く場合は妊娠の可能性があります。月経予定日から1週間過ぎても月経がなく高温期が続いていれば妊娠検査薬で確認してみましょう。
グラフがガタガタで二相性が良く分からない場合は、不規則な生活リズムや無排卵、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。また、高温期が10日未満だったり、高温期がない場合は黄体機能不全なども考えられます。これは不妊の原因にもなるので、1か月以上記録した基礎体温表を持って一度婦人科などに行かれることをオススメします。

基礎体温を測ったことない方もすでに測定されている方も基礎体温について理解が深まったでしょうか?気になる排卵のタイミングなどを基礎体温から知ることができます。また、自分の体の状態や変化にもはやく気付くことができます。始めはすこし面倒ですが顔を洗ったり歯を磨いたりするように基礎体温を測定することも習慣化できればいいですね。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.