初期の流産についてなのですが、化学的流産と稽留流産の違いを教えてください。

初期の流産についてなのですが、化学的流産と稽留流産の違いを教えてください。
流産は、妊娠22週未満で妊娠が終わってしまうことをいいます。また、妊娠12週までは早期流産、12週以降を後期流産とよびます。今回は初期流産の原因、化学的流産と稽留流産の違い、対処法などについて分かりやすくまとめます。

初期流産の原因

自然に流産してしまう確率は、全部の妊娠の約15%に起こるといわれています。健康なカップル同士で妊娠したとしても、流産は一定の割合で起こってしまいます。また、最近では妊娠検査薬の精度が上がり、妊娠早期でも妊娠の判定をできるようになったため、その数字も含めると流産の割合は20-30%とも考えられています。流産の中でも12週までは初期流産、12週以降は後期流産といいますが、初期流産が全体の約80%を占めます。
初期流産の原因の多くは、胎児の異常です。そして胎児の異常の原因の多くは、染色体異常といわれています。染色体異常というとダウン症が有名ですが、ダウン症は染色体異常の中でも比較的軽度の異常であるため生まれてくることができます。しかし、より重い染色体異常の場合には流産という結果になることがほとんどです。他には、子宮の形の異常や子宮筋腫、感染、内科的な病気、自己免疫疾患、夫婦間の免疫異常などが考えられます。
流産はとても悲しいですし、自分の生活習慣などを責めたり、夫婦の染色体異常を心配されたりする方がいますが、流産は一定の確率で起きるため仕方のないことも多いです。まれに3回以上流産する場合があり、習慣性流産とよばれます。習慣性流産の場合には、詳しい検査が必要になります。

化学的流産と稽留流産の違い

ひとことで流産といっても、さまざまな種類があります。症状によってわける場合には、稽留流産と進行流産という名称があります。また流産の時期による名称には生化学的流産、または化学的流産があります。

・化学的流産

最近の妊娠検査薬の精度が高いことから、以前は気付かなかった妊娠に気付くようになった結果、注目されるようになった流産です。尿を用いて妊娠検査薬で陽性反応が出たものの、その後陽性反応が出なくなったり、超音波で妊娠の確認ができる前に流産してしまうものを指します。妊娠検査薬を使用していなければ、通常の生理と考えて過ごしていることも多いです。特に処置などは必要ないため、経過観察になります。病院の超音波で妊娠の確認ができれば、化学的流産の可能性は否定できます。妊娠の確認は、妊娠週数の計算が間違っていなければ妊娠5-6週でほとんどの場合には診断できます。

・稽留流産

稽留流産とは、胎児は子宮内で死亡していても出血や腹痛などの症状がない流産を指します。進行流産の場合には出血や腹痛を伴い自然に子宮の外へ排出されますが、稽留流産の場合には留まってしまうため処置が必要になります。自覚症状がないため自分で気付くことはできず、産婦人科の超音波検査で初めて指摘されることが多いです。稽留流産は妊娠22週以前に、いつでも起きる可能性があります。ただし、起きる可能性が高いのは妊娠12週以前といわれています。

化学的流産と稽留流産の共通点は、原因のほとんどが胎児の染色体異常であると考えられ、一定の確率で起きる可能性があることです。違う点は、化学的流産は胎嚢が確認できる前に流産してしまうことに対し、稽留流産は胎嚢が確認できた後でも子宮内で胎児が死亡してしまう可能性があるということです。

化学的流産と稽留流産への対処法

流産の可能性は、妊娠6-12週頃で多く、13週以降で大きく減るといわれています。
初期の流産の原因のほとんどは胎児の染色体異常といわれており、化学的流産と稽留流産はどちらも初期に起きることが多く、対処できることはありません。しかし、妊娠初期は染色体異常がなくても流産しやすい時期といわれています。仕事や家事など無理をせず、重い荷物を持ったり、長時間歩くなどということは避けた方がよいでしょう。
心配なことは医師に相談するようにしてください。

質問に返信

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.