生理不順になると何か悪いことがありますか?

昔から生理不順が多く1ヶ月に二度きたり、3ヶ月来なかったりします。
特に最近生理痛も重くなってきました。生理不順になると何か悪いことがありますか?

生理に関する悩みで一番多いのが生理不順といわれています。生理の正常な周期は25-38日なので、この期間より短くても長くても生理不順ということになります。今回は生理不順の原因や不妊との関連、対処法などについて分かりやすくまとめます。

不妊

生理不順になる原因

生理不順は正常な周期(25-38日)で生理が来ないことや生理か不正出血かわからない出血が長く続く場合も指します。

生理不順の原因は、女性ホルモンの分泌の異常や排卵の障害などが考えられます。女性ホルモンは、ストレスや過労、肥満、過剰なダイエットなどでもバランスが崩れるといわれています。
排卵障害は、女性ホルモンの分泌が低下している時に起きることがありますが、その他にも多嚢胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症、遺伝的な病気などでも起きる可能性があります。
多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣に嚢胞と呼ばれる袋が多発する病気で排卵を障害するため、生理不順になります。産婦人科で卵巣を超音波で観察すると小さな嚢胞が多発しているのを見ることができます。ホルモンバランスの異常や多毛、肥満などの症状を伴います。

出産後に多く分泌される、母乳産生のために必要なプロラクチンというホルモンは、排卵を抑制することがわかっています。そのため出産後に母乳で育てている場合には、生理が来ないことがほとんどです。しかし、出産後でもないのにプロラクチンが過剰に分泌されることがあります。脳の中の腫瘍や内服薬の副作用によって血液中のプロラクチンが異常に高くなり、排卵障害を起こし生理不順になる可能性があります。

生理不順と不妊との関係

生理が定期的に来るのは、卵巣から卵子が飛び出す排卵が正常に行われている証拠です。卵子と精子が良いタイミングで出会うことは妊娠の第一条件といっても過言ではありません。排卵が障害されていると生理不順になるので、生理不順は不妊の危険があることを気付くチャンスです。排卵障害の原因として、女性ホルモンの分泌低下、多嚢胞性症候群、高プロラクチン血症などがありますが、どの病気も治療をすれば正常に排卵が起こることがほとんどです。実際に不妊症と診断されて、原因が明らかになり治療後に妊娠されている方もたくさんいます。

生理は定期的にくるけれど、生理が重くて日常生活に支障がある、生理ごとに痛みが強くなるなどの症状がある方も要注意です。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの不妊の原因になる病気が隠れている可能性があります。早めに内服薬や手術で対応した方がよいこともあるので心配な方は医師に相談するようにしましょう。

生理不順への対処法

初めて生理が来たばかりの10代の頃や大きなストレスがかかった時など、女性のホルモンバランスは状況に応じて変化します。そのため2-3か月生理不順だとしても、その後正常に戻るようであれば心配ありません。しかし3か月以上生理不順が続く、または生理が60日以上来ないような場合には産婦人科の受診をおすすめします。卵巣の機能が低下している可能性もあるので、一度検査をして体の状態を調べた方がよいでしょう。

生理不順の期間が長ければ長いほど、元の状態に戻るのにも時間がかかるといわれています。将来、妊娠を希望する時に妊娠できないという状況にならないように早めに治療をしましょう。

質問に返信

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

 

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.