さんまときのこの和風ペペロンチーノスパゲティ

さんまなど青魚に多いDHAには赤ちゃんの脳の発達を促進すると言われています。干物は塩分が多いのですが、たまに取り入れてみてはいかがでしょう。きのこ類でボリュームアップ、食物繊維たっぷりのスパゲティです。

さんまときのこの和風ぺペロンチーノスパゲティ

さんまときのこの和風ぺペロンチーノスパゲティ

一人分カロリー
518kcal

■材料(一人分)
・スパゲティ 60g
・さんま開き干し 一尾(120g)
・えのき、しめじ、まいたけ 合計 70g
・にんにく 1/2片(2g)
・鷹の爪 1/2本(0.1g)
・オリーブオイル 小さじ1(4g)
・清酒 大さじ1(15g)
・濃口醤油 小さじ1/2(3g)
・小ねぎ 1g

作り方
1.さんまの開きは魚焼きグリルで焼き、頭と骨と皮を除いて、身をほぐす。
2.えのき、しめじ、まいたけは石突を切り落として、それぞれ食べやすい大きさに切る。にんにくは芯を除いて薄切りにする。鷹の爪は種を除いて小口切りにする。
3.フライパンを熱してオリーブオイルをひき、にんにくを焼く。香りが出てきたら鷹の爪と2のきのこ類を加えて酒をふって炒める。きのこ類がしんなりしてきたら、さんまを加えて混ぜる。
4.スパゲティを茹でる。茹であがったら、茹で汁少々とともに3に加えて炒め、醤油で味を調える。
5.お皿に盛り、刻んだ小ねぎを散らして完成。

関連キーワード: , ,

Copyright© 2015 hugmama. All rights reserved.